不要物の蓄積は乱れた食生活と運動不足が原因です!

脂肪の塊と言われているセルライト。その原因は、基礎代謝の低下や食生活の乱れ、運動不足、血行不足、ホルモンバランスの乱れによる冷えやむくみなどと言われています。

 

基礎代謝は、生命を維持するために最低限必要なエネルギーのことで、寝ている間に消費されるエネルギーのことです。基礎代謝は、18歳くらいをピークにどんどん低下していきます。そして、ダイエットによる食事制限や運動不足も原因で低下していくのです。

 

筋肉量が減ることで、基礎代謝が悪くなり、太りやすい体を作ってしまうのです。この状態がセルライトの作りやすい状態と言えます。

 

冷えやむくみの原因にも!?

筋肉量が減ってくると血の循環が悪くなり、冷えやむくみを生じやすくなります。血行が悪いと、体の隅々まで血が巡らなくなってしまうため、それが下半身の冷えの原因となるのです。血行が悪くなると余分な水分が分散されずに滞ってしまうため、それがむくみを生じさせるのです。

 

老廃物は、血液やリンパ液によって運搬されて、最終的には腸から排出されるのですが、代謝が悪いと体の中にとどまってしまい、それが脂肪細胞やコラーゲンなどと結びついて、セルライトが作られる原因となるのです。

 

この状態が続くと、肥満の原因となり、メタボリック症候群や生活習慣病などの病気の原因となり得るのです。バランスのとれた食事と、適度な運動、良質な睡眠によって、基礎代謝を上げて健康な体を作っていきましょう。

 

そんな面倒なことやっていられないという方には、こちらがおすすめです!

 

代謝を上げる簡単な方法はこちら