十津川農場のびわ茶はここが違う!

「びわ茶は体に良い」と聞いたことのある人は多いと思います。びわは、もともとインドや中国南部が原産地で、健康成分の宝庫として昔から民間療法に利用されていたようです。びわの葉は、お釈迦様の文献では大薬王樹と言われ、中国では百薬の薬と呼ばれていたようです。そのびわ茶を煎じて作るびわ茶は、古来からの知恵が受け継がれている伝統のある健康茶なのです。

 

十津川農場で作られているびわ茶は、びわ茶のもつ有効成分をしっかりと引き出す「トルマリン石焙煎」を取り入れているのです。

 

また、使われている水にもこだわり、波動水を利用して旨みや有効成分を引き出してくれるのです。そして、太陽の恵みいっぱいの天日干しで、まろやかでほんのり甘い美味しさが生まれるのです。1枚1枚愛情を込めて作られており、完全無添加でノンカフェインなので、小さな子供でも美味しく飲むことができるお茶なのです。

 

子供が嫌がる苦味がないので、スッキリと飲むことができ、毎日の健康茶として存在感が出てくると思います。

 

びわ茶は色々な種類があり、価格も違ってきます。十津川農場で作られているびわ茶は、びわ茶の持つ有効成分をしっかりと実感できるので、購入するのであれば十津川農場で作られている「ねじめびわ茶」がおすすめです。

 

おすすめのびわ茶はこちらをクリック